昨日から学び、今日を生きる

「自分が本当にやりたいこととは何か」そんな思いから、 大学までサッカーしかやってこなかった僕が、 ビジネスの世界で感じたことをリアルにお届けします。

「普通は嫌だ!」と思いながらも、 何をしても中途半端で平凡な大学生の僕が、たった一人の人との出会いからの人生逆転劇

「〇〇した方がいいですかね??」

 

 

 そんなことを最近よく質問される。

 

  

僕の答えは「しらない」

 

 

したいと思ったらすればいいし、
したくなければしなかったらいいじゃん。

 

 

つまらない大学生活を送っていたとき、
自分の人生を変えたいと思っていたけど、
僕自身はなにも行動が出来なかった。

 

 

そんな僕がビジネスをはじめる
という決断を取った理由は、

 

 

 

 

「このチャンスを逃したら終わり」

 

 

 

 

本気でそう思ったし、
今しかないと思ったから。

 

 

 

まさに決断のタイミングが来た。

 

 

こんな人に会えるチャンス
この機会を逃して、最高のタイミングはない。

 

 

今やらなければ後悔する。

 

 

そう思ったから。

 

 

今、この瞬間。

 

 

 感情が少しでも動いたのなら、
僕は基本的に突っ走るべきだと思う。

 

 

人は3日間で感情の90%をわすれるから、
感情にのせて、その瞬間に決断をしないと
ビビりな自分がまた行動を妨げる。

 

 

そして、またなにもしない自分に戻る。

  

 

決断にはタイミングが来る。

 

 

あとはそこでした決断に対し、
責任を持って行動すること。

 

 

 

 

「選んだ道を正解にする」

 

 

 

 

大切なのは決断ではなく、
後の努力が大事ですね。

 

 

「いや、その前にお前だれだよ」
って思われていそうなので、
簡単に僕の自己紹介をしますね!

 

 

 

プロフィール

 

  • 名前:たかはし けいた
  • 年齢 : 25歳
  • 出身地 : 高知県
  • 趣味 : フットサル、旅行、漫画
  • 好きな漫画 : ワンピース、左利きのエレン
  • 好きなアーティスト : Mr.Children平井大
  • 好きな番組:千鳥のクセすご芸人

 

 

経歴

 

 

 

活動内容

■  2016年度からWebマーケティングを始め
 マーケティングスキルを習得したのち、
 個人向けにコンサルなどを行っています。
 (現在もメイン事業として活動中)
 

■「起業」経験を持つ大学生を輩出し、
 学生時代に強みを作ったり、
 周りとの差別化ができることで、
 大手や早期内定に繋げています。
 

■ 社会人の起業や副業の初心者に、
    趣味を仕事への変え方を教えて
 脱バイト脱サラを果たす。
(主には20代前半の方がメイン)
 

■80人規模のコワーキングスペース
 2021年から都内で運営しています。
 主にはフリーランス向けの仕事場です。
 

 

簡単にまとめるとこんな感じで
東京で普段は活動しています。



4年前はどこにでもいる
ごく普通の大学生だった僕が、
今では事業家として
自分の好きなことを仕事にしています。

 

 

そして、今に自分になるまでには
多くの出会いがありました。

 

 

 

 

小学校〜大学まで

 

僕は高知県で生まれ山と海に囲まれた
自然たっぷりの土地で育ちました。

画像10

これは高知の海です!

 


今は都内に住んでるけど
ほんとはこんな自然に囲まれてる方が
好きだったりします!笑

 

 

友達の影響で7歳からサッカーを始め、
できないことが出来るようになるのが
楽しくて僕はサッカーに夢中になりました。

 

 

そして何より、結果を出した時に
親に褒めてもらえるのが嬉しかったんです。




片親で毎日仕事も家事もやって
忙しそうな母でしたが、
サッカーの話をしてるときは
すごく喜んでくれたし
誰よりも応援してくれました。

 

  

そこから僕の頑張る場所は
サッカーになっていったんです。

 

 

中学校では県選抜、
高校では国体に出場し、

 

 

 

 

「もっと上を目指したい」

 

 

 

 

 

そう思い、親に無理を言って
東京でサッカーをすることを決めましたが、
現実はそんなに甘くありませんでした。

 

 

僕の進学した大学のサッカー部は
400人の部員がいて
試合に出れる人なんて本当に極わずか。

 

 

全国大会に出場していたような選手が
一度も試合にでれないなんて
当たり前の世界でした。

  

 

僕みたいな田舎で周りより少し
サッカーがうまかったくらいのやつは論外。

 

 

どれだけ自主練をしても
一緒にプレーをしてみると
その差は縮まることもなく、
「こいつらにはいくら練習しても勝てない」
と思ってしまいました。

 

 

さらに怪我を繰り返していたことで
サッカーに対する情熱や思いが
どんどんなくなっていきました。

 

 

 

 

 

「サッカーを本気でしたかったのに
俺、何やってんだろう・・・」

 

 

 

 

 

1年生のときは学校やバイト中に、
いつもこんなことを考えていました。

 

  

そんな生活を送りながら
サッカーをしていた1年生の2月。


向上心もなく惰性でやっていたので、
このまま続けてても意味がない。
そう思い、僕はサッカー部を
辞めることを決意しました。

 

 

僕はその日を境に何のために
この大学に来たのかわからなくなりました。



サッカーのために
わざわざ東京にきたからこそ
部活がなくなった当時の僕は
何もなくて無気力になっていました。

 

 

 

 

「単位のために学校にいく」

 

「毎日楽しくないバイト三昧の生活」

 

「やりたいことが何もない」

 

 

 

 

同じ生活の繰り返しで先が見えず
将来に対して全くワクワクしない。
ほんとにつまらない毎日を
なんとなーく過ごしていました。

 

画像12

つまらなすぎて自転車でよく、
日本を走っていましたね!

 

 

ちなみに東京〜神戸まで630キロを
32時間で一睡もせず、
自転車で走った伝説もあります。笑

 

 

こんな感じでそのまま月日は流れて、
就活を考える時期になりました。



 

 

「学生時代に頑張ったこと」

 

インターンの志望動機」

 

 

 



この項目を見た時、僕の手は
ピタッと止まってしまいました。




なぜかというと、
高校までの僕は「サッカー」
という強みがあったので、
学生時代に頑張ったことも、
高校入試や大学入試の志望動機も
簡単に書くことができました。

 

 

...お恥ずかしい話ですが、
僕は地方の田舎の中では
サッカーで結果を残していたので、
高校時代までは、
僕はやれば人よりもできる
という自信もどこかにありました。

 

 

でも、その自信のあったサッカーも
大学では全く通用しなくて、
自分が特別なんかじゃないことを
痛感させられました。

 

 

 

 

「部活も途中で退部」

 

「バイト三昧の生活」

 

「頑張っていることもない」

 

 

 

 

エントリーシート
書けるようなことが何一つない
平凡な大学生になっていました。





自分は何がしたいんだろう...

 

自分は何ができるんだろう...

 

このままだとやばい...

 

 

 


その瞬間から将来に対して
ものすごい不安が生まれてきました。

 

 

 

 

周りと同じことをしても意味がない...

 

自分の強みを見つけないと...

  

 




そう思い、自分には何が
できるのかを探すようになりました。

 

 

そんなある時、ツイッターをみていたら
同世代なのにたくさんお金を持って
毎日楽しそうな人にフォローされました。



「ビジネスに興味はありますか?」
とDMで聞かれたんです。




 

 

「ビジネスって何?」

 

「なんか危なそう...」

 

 





バイトしかしてこなかった僕は
ビジネスなんて全くわからなかったので
詐欺なんじゃないかと思いました。

 





「でも、もしかしたら
何か変わるんじゃないか...」




 

当時の僕は平凡で何もしていない自分を
変えたい気持ちが強かったので
ビジネスについて調べるようになったんです。



そこで知ったのが、就職やバイト以外で
収入を得ている人がいるということ。

 


僕が見てる世界なんて
ほんの一部でしかないこと知りました。

 


・世の中の会社は全て
ビジネスで成り立っているということ。

 

・就職をしただけで安定ではなく、
副業が当たり前の時代だということ。

 

・ビジネスができるスキルを
持っていると就活に活きるということ。

 

・ビジネスをすることに
資格も学歴も関係がないということ。

 



いろいろと調べていくうちに
僕はどんどん興味を持っていきました。



 

 

 

「もっと詳しく知りたい」

 

「これだったら僕でもできるかも」

 

「今の何もない自分を
変えることができるかもしれない」

 

 

 




そう思い、そこからTwitterを通して
色々な人に会ってビジネスの話を聞き、
今までに知らなかった
知識や生き方を知りました。




そして実際に自分も同じことを
やればできると思い、
アフィリエイトや投資の勉強など
色々なビジネスを半年間学びました。

 

 

 

 

「サッカーがなくなっても
自分にはできることがある!!」

 

 

 

 

 

その自信が欲しくて
僕は必死に取り組みました。




そして半年後どうなったのか。




100万円以上お金をかけたのに、
1円も稼ぐことが出来ませんでした。

 

  

もう地獄ですよね。。。笑

 

 

知識だけが付いて
頭でっかちになるばかりで、
自分の現状が変わらないことに
焦りとイライラを覚えました。




中には詐欺の人達もいて
僕はお金も人の信用も無くしました。

 



ここから誰の言ってることも
信じることができなくなり、
鬱ぎみになり部屋に閉じこもるように
なってしまいました。



親にも友達にも相談できず、
僕はたった一人で
どん底まで落ちていったんです。



 

 

 

人生を変える出会い

 

画像13

 


そんなある日Facebook
たまたま見ていると 、
ある一人のランニング事業を
やっている人の投稿を見つけました。



その投稿を見ていると、
自分の好きなことを仕事にしていて
とても活き活きしていました。




 

 

「自分で何かやっているのかな」

 

「何してるんだろう」

 

「なんか気になるな」

 

 




そう思ったものの、
過去の失敗があったから
会うことが怖かった。



 

 

「またお金だけを
騙し取られるんじゃないか」

 

 

 




ネガティブな感情ばかり起こりました。


でも何よりも今のまま
何もない自分のままでいることが
一番怖かったし、変わりたかった。





ここで諦めて何も行動しなかったら
後悔する気がする...!

 

 

 


そう思い、勇気を振り絞って
「会ってもらえませんか?」
とメッセージを送りました。

 

 

今思えばこの小さな勇気が
僕の人生の分岐点でした。

 

 

そして出会ったのは、
ごくごく普通の24歳の方でした。



僕と同じように体育大出身で
自分の好きなスポーツ関係で
経営をされてる方でした。




初めは怖かったし
不信感しかなかったのですが、
少しずつ話していくうちに
僕の考えは大きく変えられたんです。



当時話してもらったことは
今でも鮮明に残ってます。

 

 

 



「今までの人生、逃げてきてない
挑戦するってことは、恐いってこと。
そこから逃げないってことだよ


「逃げることはいつでもできるけど、
今しか挑戦できないこともある」

 

「これから何か成し遂げたいなら、
その為には努力をしないといけない

 

 

 

 

 

今思えばずっとやってきたサッカーで
楽して簡単に試合にでれるわけないけど、
苦手な練習から逃げ続けて、
高校で強豪校に行こうと思ったけど
試合に出れないのが怖くて諦めた。



僕は自分の考えの甘さ、
そして、「心の弱さ」に気づかされました。

 

 

その人は決して何か見た目が派手でもなければ
言ってることが画期的なわけでもない。

 

 

正直、すごく自信があるとも言えない。

 

ただ、確かなことは、

 

 

 


誰よりも考え、
誰よりも努力していたこと。

 

 

 

 

あえて目立とうとする訳でもなく、
ただ、淡々と目的に向かって動いてた。

 

 

当時の何もなかった僕には、
とてつもなく輝いて見えた。

 

 

誰かに流され、誰かの言うことだけを聞き、
何かにすがって生きていた僕にとっては、
自分で決断をし、今の自分を誇り、
そして僕みたいな大学生にも謙虚な姿勢。

 

 


そして、
自分の好きなことに挑戦しながら
お金を稼ぐことよりも人や成長を
大切にしている思いに僕は惹かれ、
変わることを決意しました。

 

 

サッカーを辞めてから
やりたいことがずっと見つからなかった
僕に新しい夢ができました。




でも最初は自分にできるか不安でした。




過去の失敗があるし、
週6でのバイトは削ることが
できなかったので毎日使えても
自分の空き時間は1時間程でしたが




でも毎日継続して取り組むことで
初めて自分の価値で4万円を
お客さんから頂きました。



その時はびっくりしすぎて
実感があまり無かったですが、
本当に嬉しかったことを
今でもはっきりと覚えています。




正直な話、たかが4万円と
思う人もいると思います。




だってバイトで40時間
自分の時間を売れば稼げる額なので。

 

 

でも、僕は金額ではなく

 

 

 

「自分の力でお金を生み出した」

 

 

 

ということに価値を感じたんです。


サッカーで挫折をしてから自分のことを

 

 


「普通」「平凡」「特別じゃない」

 

 

と思って自信をなくしていましたが、

 

 

 


「やれば自分にもできる!」

「もっともっと上を目指したい!」

 

 

 

 

と部活の時のような熱い気持ちも
湧き上がってきました。

 

 


自信も夢も目標もない学生生活から、
僕は抜け出すことできました。




さらに
自分でビジネスができるようになり、
バイトのような自分の時間を売って
稼ぐ必要はなくなりました。




収入も時給ではないので
自分の努力次第でどこまでも伸ばせます。

 



その結果、今では買い物や食事で
値段を気にしなくて良くなったり
時間を気にせず自分の好きな時に
旅行することができるようになりました。


 

画像9

 

画像10

一緒に仕事をしてる方の
誕生日プレゼントでグアム旅行🏖

 

 

 

画像6


カンボジアに学校を建てに行ったり🏫

 

 

 

画像2


一緒に仕事するみんなと
弾丸でフランス旅行へ🇫🇷

 

 

 

画像5


仕事仲間と年越しにスノボ旅行🏂

 

 

 

画像3


平日に勢いで
富士山へ登山をしに!
(一応頂上です・・・)

 

 

 

画像7

画像8


また、2019年から始まった
英会話教室ですね!

 

 

サッカー部を退部した時からは
全く想像もできないような人生を
送ることができています。

 

 

ちょっと興味はあるけど、

マーケティングやビジネスってってなに??
って人はこちらのブログを!↓

keita-soccer-lv.hateblo.jp

 

_________________

 

ここからはちょっと
真面目な話になりますが、
僕が変わろうと思えたのも、

 

 

 



今の自分のまま死ぬことに
納得がいかないから。

 

よく分からないけど、
「何か」を求めていたから。

 

 

 

 

実際のところ、こんなもんです。

 

 

やったことないことばかりだと、
「本当にこれがやりたかったのか?」
と思うことの繰り返しになります。

 

 

まずはやってみて、
できないことをできるようにする。
それを繰り返すことで、
選択肢がぐっと広がりました。

 

 

見えてなかった世界を見たあとに、
本当にやりたいことかを考えたらいい。

 

 

そうすると自然と
やってみたいと思えるものが
徐々に見つかっていく。

 

 

やってみないと分からないし、
もしかしたら好きじゃないかもしれないし、
もしかしたらめちゃくちゃハマるかもしれない。

 

 

まずは自分に素直になってみて、

 

 


「何かないかなぁ」

 

 

 

と言っている自分。

 

 

したいことは色々あるけど、

 

 

 


「何をしたらいいのかわからない」

 

 

 

そんな自分を素直に受け入れること。

 

 

そして
何をしたらいいか分からない人は
やったことないことに
チャレンジすることから
始めてみてはどうでしょうか?

 

 

 

やりたいことがない人はこちら!↓

keita-soccer-lv.hateblo.jp



(伝えたいこと多すぎるので、
こちらのブログに書きました。笑)

 

 

 

 

☑️叶えたい夢があるけれど
お金がないし、時間もないし
やり方もよく分からない。

 

☑️このままの将来に不安がある

 

☑️休みのために働く
自分から抜け出して、
やりたいことを見つけて
もっと充実した日々を送りたい

 

 

 

 

そんな方の役に立てたら嬉しいので
少しでも興味ある人がいたら連絡ください!!

 

  

「ありがとうございます!」
といってくれる人のために
全力で向きあっていき、
相談に乗りたいと思っています。

 

 

僕のLINEをのQRを載せておきます!

 

画像13



こちらから追加できない場合は
下記のリンクからの追加を
よろしくお願いします!

LINE追加

 

 


「ブログ見ました!」
一言言ってくださると助かります!

 

 

僕も25歳なので、
まだまだ挑戦していきます!

 

 

長文を最後まで読んでくださり、
ありがとうございました!

 

 

 

ルフィー

【漫画 ONE PIECEから引用】
僕の好きな漫画の一コマ。

 

 

自分の気持ちに素直になって
もっとわがままに生きよう。

 

 

自分の思うままに。

 

 

 

それでは、また👋